So-net無料ブログ作成
検索選択

河西智美 写真集 発売日 ヤンマガ延期 [芸能]

河西智美の写真集の発売日は、
2013年2月4日でしたが、
白紙に戻されました。

河西智美2.jpg

すでに、写真集と同じ写真を掲載した
ヤンマガの発売は、1月21日に延期になっています。


河西智美は、AKB48の主要メンバーですが、
2012年12月17日に
グループを卒業することを発表しました。


河西にとっては、今回の写真集が、
ソロ活動の第一歩だったんですね。


今回の発売日が白紙に戻った理由は、
この写真集の表紙が、
河西の胸に男児の手がそえられていたということです。


このショットについては、
斬新な発想だともとれると思います。


芸術とエロティックの境界線って、
難しいところがありますね。


写真集を製作した講談社としては、
半分半分の意図があったのでしょう。


もともとAKBグループ自体が、
水着写真を売りにしている面もありますね。


今回の写真集発売白紙やヤンマガ延期の焦点は、
男児を巻き込んだという点です。


講談社としては、
ポルノに子供を巻き込むという
意識はなかったのだと思います。


しかし、今回の写真集のような場合は、
やはり男児を撮影に使ったのは、
まずかったんだと思います。


芸能界は、日常ありえないことで、
私たちを楽しませてくれますが、
ある面では、日常ありえないことを
表現してはいけない部分もあるんですよね。


今回は、そういうところを
講談社が表現してしまったということでしょう。

水嶋ヒロ 現在 黒執事 俳優復帰 [芸能]

水嶋ヒロは、現在、
俳優としての活動からは遠ざかっています。

水嶋ヒロ.jpg

小説KAGEROUで、
第5回ポプラ社小説大賞を受賞してから、
小説家に専念しているが、
なかなかいい作品がつくれないという噂も
ありました。


その水嶋が、
黒執事の実写版で俳優に復帰します。


黒執事は、
累計発行部数が1400万部を突破する
大人気コミックです。
枢やなの作品ですね。
世界42カ国で発刊されていますね。

水嶋は、黒執事実写版の主演セバスチャン役に抜擢されました。


黒執事は、2008年から2010年まで
テレビ放映され、
2009年には舞台化されました。


実写版は、原作の130年後が舞台になっています。
ストーリーも原作とは違うオリジナルの作品になっています。


主人公のセバスチャン・ミカエリスは、
すべてにおいて完璧な悪魔の執事です。
この主人公の役を演じるのは、
とても難しそうですね。


原作者の枢やなは、
セバスチャンを水嶋が演じることを
たいへん喜んでいるようです。


水嶋といえば、
英語が堪能で、
高校時代はサッカーの全国大会出場、
慶応大学卒業、
俳優で小説家など
すごい才能の持ち主です。


水嶋とセバスチャンには、
類似点がありますね。
セバスチャン役には、
水嶋が持ってこいだと思います。


水嶋が主役セバスチャンを演じる
実写版黒執事、
とても期待できますね。


もしかすると世界的な大ヒットになるかもしれません。


映画『黒執事』は4月クランクインし、
2013年中に公開される予定です。

増田有華 ISSA 週刊文春 DiVA 脱退 [芸能]

増田有華 ISSA 週刊文春 DiVA 脱退について、
お伝えします。

増田有華 やさしいキスをして Yuka Masuda



増田有華は、DA PUMP・ISSAとのお泊りデートが、
週刊文春に掲載され、
昨年11月28日にAKB脱退を発表しました。


彼女が今度は、DiVAからも脱退したことが
AKB48の公式ブログで発表されました。


DiVAは、増田やAKBの秋元才加、宮澤佐江、梅田彩佳ら
女性10人で結成されたグループです。


AKB48の公式ブログは
「1月23日のユニット祭りに出演を
予定しておりますDiVAですが、
増田がDiVAとしての活動辞退を申し入れ、
これを受理しましたことを
ファンの皆様にご報告させて頂きます」
という記事を掲載しました。


DiVAとしては、ユニット祭りに出演する予定です。


これって、AKB運営者の
いつものやり方ですね。


公式ブログでは、増田の辞退とありますが、
本当にそうなんでしょうか。
違うように感じますね。


AKB48運営者は、
なにかスキャンダルをおこしたメンバーを
辞退という形で破門していますね。


こういうやりかたは、
あまりイメージがよくありません。


AKBも組織なので、
規律を守ることは大切なんでしょうが、
もっと違う方法があるような気もしますね。


AKBが、今のような組織である以上、
これからも次から次に、
今回のような問題がおこると思います。


AKBという組織のルールを破ったメンバーが、
脱退せざるを得ない状況に追い込んでいますね。


まだ世間の厳しさを知らない若い女性が、
このような状況に追い込まれるのは、
さけるべきだと思います。


AKBのメンバーが、芸能界を去って、
再就職するのは難しいのではないでしょうか。


AKB運営事務局は、
未成年を採用するのですから、
将来的なことも考えるべきだと思います。


これからAKBに加入したいと思っている女の子は、
自分の人生がかかっているというような覚悟を持って、
加入したほうがいいと思います。

キンタロー ものまね 前田敦子 ブログ炎上 動画 [芸能]

キンタローが、12月26に放送された「有吉反省会」(日本テレビ系)で、
前田敦子のものまねをしたことについて、
物議をかもしだしているようです。

AKB48ものまねに、有吉弘行ぶち切れ キンタロー。 八幡かおる 前田敦子



キンタローのブログが、炎上しているようですね。


原因は、キンタローが、
有吉反省会で、
「お尻を出しても、嫌いにならないで下さい」
というものまねをしたことに
前田敦子のファンが激怒したんですね。


このものまねは、
前田敦子と佐藤健の合コンが
週刊誌にすっぱ抜かれた事件を
参考にしたんですね。


これに前田ファンが激怒し、
キンタローのブログで非難しているようです。


「あっちゃんを馬鹿にするなんて許せません」
「正式に書面で謝罪しろ。AKB48ファンが許すわけがない」
「悲しいし、不快だし、残念です!!」
「人の特徴をネタにしてお笑いにするってどうなの?…人として最低なことだよね」
などの非難のコメントが書き込まれています。
殺人予告ともとれるような、
過激なコメントもあったようで。


批判のコメントに対しキンタローは、
「辛口コメントから、優しいコメントまで賛否両論ではありますが、私も前田敦子さんが大好きで、ものまねをさせていただいています。とても、ストイックな前田敦子さん、本当に尊敬しています。私も敦子さんの飛躍をかげながら応援しています。あっちゃんが大好きな気持ちは皆さんと同じです」
とブロクの記事をつづっています。


キンタローは、前田敦子を
ばかにするつもりはないはずです。
彼女もお笑い芸人なので、
視聴者を笑わせる必要がありますよね。


ただ、「お尻を出しても、嫌いにならないで下さい」
というのは、ちょっと行きすぎかなとも思います。


前田敦子は、女性ですから、
やはり、こういうものまねをされて、
うれしいわけがありませんよね。


人のものまねを芸にするのって、
難しい部分があると思います。


キンタローもプロなのですから、
これからは、ものまねをする相手の
デリケートな部分はさけたほうがいいと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。