So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

京都橘 サッカー 仙頭 小屋松 破壊力抜群の2トップ 動画 [スポーツ]

京都橘サッカー部の自慢の2トップ
仙頭啓矢(3年)と小屋松知哉(2年)は、
ともに怪我をおして決勝に出場します。

帝京長岡vs京都橘@三ツ沢 仙頭啓矢ゴール(1-0) 91st高校サッカー選手権



今年の高校サッカー選手権でここまで、
得点王争いで小屋松がトップ、
1点差で仙頭がつけています。


この二枚看板が、
京都橘の決勝進出の原動力になったのは、
間違いありません。


今大会ナンバー1といっても過言ではない、
堅守を誇る宮崎鵬翔と決勝を戦うには、
どうしても仙頭と小屋松は、
はずせないところでしょう。


準決勝の優勝候補の一角神奈川桐光学園戦でも、
二人の活躍が目立ちました。
前半42分に仙頭啓矢が先制ゴールを決め、
後半31分には小屋松知哉が追加点を挙げました。
さらに、同39分には伊藤大起がダメ押しとなるゴールを決め
桐光学園に3-0で勝利しました。


この試合では、1年生の中野克哉が2トップとからみ、
チャンスメーカーの役割を果たしました。


今の京都橘というチームは、
香川真司の所属するイングランドプレミアリーグ
マンチェスターユナイテッドと
チームカラーが似ていると思います。
ユナイテッドには、ルーニー、ファン・ベルシー、香川といった選手がおり、
攻撃に厚みがあるんですよね。
まさに、波状攻撃といった言葉がぴったりです。


京都橘には、仙頭、小屋松がいて、
このふたりに伊藤、中野などがからんで
チャンスをつくります。
さらに、他の選手も攻撃にからんでくるんですよね。
本当に、マンチェスターユナイテッドそっくりの
攻撃パターンだと思います。


仙頭、小屋松のけがの状態が心配なところですが、
決勝の鵬翔戦は、見ごたえのある試合になるのは、
間違いないでしょう。


京都橘も鵬翔も下馬評は、
あまり高くありませんでしたが、
ここまでの試合を観ると、
決勝に進出するにふさわしい実力校です。


ハイレベルな試合展開になるでしょうね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校サッカー 速報 2013 作陽 [スポーツ]

高校サッカー 速報 2013 作陽の
情報をお伝えします。

作陽.jpg

作陽(岡山)は、1月2日の
第91回全国高校サッカー選手権大会2回戦から登場し、
富山県代表の富山一高と対戦し、
1対1のPK戦で勝利しました。


1月3日の3回戦では、
優勝候補の一角、
兵庫県の滝川二高に
5-2で勝ちました。

この試合では、
FW三野が、2得点を決める活躍をみせました。
三野は、野村監督から
「心が『芯から強くなる』83の言葉」という本を贈られ、
自分の精神面を見つめなおしたようです。

やはり、サッカーの世界でも、
精神面は大変重要なのがわかりますね。


作陽は、なでしこリーグの岡山湯郷の練習相手を
つとめているようですね。
岡山湯郷の宮間あやの世界トップレベルの
フリーキックの技術なんかも吸収したんでしょう。
今大会で、快進撃を続ける原動力にもなっていますね。


快進撃のなかでも、野村監督は気を引き締めます。
4点差を持ちながら、
決定機阻止でひとりが退場し、
GKが遅延行為で警告を受けたことに対し、
「いまからロッカールームで怒ろうと思います。
もっとスマートにサッカーを進めていかなければダメだなと」
「トーナメントを勝ち抜くためには、警告やけがに気をつけないといけない」
と厳しい口調で語りました。


準決勝の相手神奈川の桐光学園も
2回戦で昨年度の準優勝校四日市中央を破った
全国屈指の強豪です。
僅差を争う好勝負になると思われます。


今年は、作陽が全国制覇を達成する
絶好のチャンスであるのは間違いありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校サッカー 注目選手 2013 [スポーツ]

高校サッカー 注目選手 2013を
ご紹介します。

白崎凌兵(山梨学院大附)
今大会最高のタレントと言われています。
前所属が、FC東京U-15むさしで、
清水エスパルスに入団することが決まっています。
ドリブル、パス、シュートすべてにおいてハイレベルです。
ストライカーというより1.5列目から
仕掛けていくタイプです。
ゲームメイクとゴールゲットの両方をこなしたいという
意欲をもっているんですね。
ネイマールに憧れ彼の技を研究しているようです。

白崎凌兵.jpg

鈴木武蔵(桐生第一)
前所属が、FCおおた、
アルビレックス新潟に入団することが決まっています。
昨年の高校サッカーにも出場して注目を集めました。
彼は、ジャマイカ人の父を持ち、
身体能力が非常に高いです。
U-17ワールドカップでは、
世界のDFを翻弄しました。

鈴木武蔵.jpg

宮市剛(中京大中京)
前所属は、名古屋U15です。
彼は、宮市亮(アーセナル)の実の弟です。
185センチの長身を活かしたポストプレーが
特徴です。
トラップも得意ですね。

宮市剛.jpg

藤本佳希(済美)
前所属は、久米中です。
重心の低いドリブルが、彼の特徴です。
プリンス四国では18試合で32得点という
脅威の記録を残し、
シュートセンスも抜群のものを持っています。

藤本佳希.jpg

この4人が、
高校サッカー 2013で最も注目される選手に
あげることができます。


そのほかでは、
西谷和希(鹿島学園)
岩渕諒(市立船橋)
和泉竜司(市立船橋)
佐々木翼(東久留米総合)
山川翔也(新潟西)
佐野翼(清水商)
刈谷聖哉(近大附)
藤山凌(東海大五)
平秀斗(佐賀東)
薗田卓馬(鹿児島城西)
らが高校サッカー 2013の注目選手です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

石井智紋 ボクシング 棄権理由 しずちゃん 優勝 [スポーツ]

石井智紋は、12月24日に、
山形市総合スポーツセンター行われた
アマチュアボクシングの全日本女子選手権での
南海キャンディーズのしずちゃんこと
山崎静代(よしもとクリエイティブエージェンシー)の
決勝の対戦相手でした。

しずちゃん.jpg

同級は、参加者が
石井智紋としずちゃんのふたりで、
即、決勝戦だったんですね。


この決勝戦で、
石井が棄権し、
しずちゃんが不戦勝で優勝しました。


ちなみに、石井は、
福山平成大のコーチです。


日本連盟が発表した石井が棄権した理由を説明します。


この決勝戦の集合時間が、1時間早まりました。
このことが、しずちゃんの陣営に伝わっていませんでした。
しずちゃんが集合時間に会場に現れなかったため、
石井は自分の不戦勝だと判断しました。
その後、しずちゃんが計量に呼ばれ、
なんとか試合に間に合います。
このことに石井は動揺し、
「気持ちが切れた」と棄権しました。


このいきさつをみると、
完全に日本連盟の不手際ですね。
集合時間が確定していないこと自体おかしいですね。
特別の理由があれば、話は別ですが。


スポーツ選手って、集中することに
相当のエネルギーを使うんですよね。
主催者側は、その辺を配慮した運営を
心がけるべきです。


石井選手のほうも、
スポーツ選手として、
いかなる状況にも対応できるような
コントロール力を身につけるべきですね。


世界で戦うためには、
ボクシングの技術だけでなく
精神力の強化が必要だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生結弦 海外の反応 2012 全日本フィギュア優勝 [スポーツ]

羽生結弦についての海外の反応は、
謙虚なメダリストとすごく印象がいいようですね。
こちらの動画もすごく謙虚です。



その羽生が、12月22日に行われた全日本フィギュアのフリーの演技も成功させ
高橋大輔などをおさえ優勝しました。


羽生は、この日、4回転トーループ、4回転サルコウの2回の4回転ジャンプを成功させたことが優勝につながりました。
SPでは首位に立っていましたが、
高橋大輔が、フリーでは世界歴代最高の192.36を記録し、
追い上げていました。


羽生は、高橋の好演技のプレッシャーに負けずに、
総合285.23とこちらも世界最高記録で栄冠を勝ち取りました。


羽生、高橋の記録は、国際連盟(ISU)非公認の大会なので
公認はされません。
しかし、フィギュア日本男子のレベルの高さを
見せつけた大会になりましたね。


羽生は、優勝後のインタビューで、
「ずっと先輩の背中を追いかけてきた。先輩に追いついた重たいメダルです」
「自分の実力で(高橋らを)抜いた感じはしない。努力しながらやっていきたい」と語りました。


このコメントもすごく謙虚ですね。


羽生結弦のような素直な心を持った選手は、
まだまだ伸びると思います。
彼にとって、高橋大輔のような皆から慕われる選手が、
国内にいるということも好循環になっていると思います。


来春の世界選手権でも、
日本男子の優勝争いをみせてほしいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全日本フィギュア 2012 女子SP 結果 浅田真央2位 [スポーツ]

全日本フィギュア 2012 女子SPの結果を
ご紹介します。


グランプリ(GP)ファイナル(ロシア・ソチ)3位の
鈴木明子が65.09点で首位に立ちました。


鈴木明子は、あいかわらず安定感抜群ですね。
グランプリファイナルでは、
転倒もあり満足のいく結果ではなかっただけに、
今大会にかける意気込みは相当なものだと思います。


彼女は、一時は引退も考えたんですよね。
今大会は、カナダのトロントで開かれる
世界選手権の代表選考もかねているので、
そこで納得のいく演技をして引退ということも
考えているのでしょう。
がんばってほしいですね。


浅田真央は、SP2位でした。

浅田.jpg

浅田は、今季、グランプリファイナルを含めて、
3連勝中です。
今季は、彼女の代名詞のトリプルアクセルを封印して、
好成績を残しています。


ですが、トリプルアクセルを封印しているだけに、
彼女の本領発揮とまではいっていませんね。


今日のSPでは、
後半のループがシングルになってしまいました。
今季のSPでは、初めてのミスですね。
フリーでは、トリプルアクセルが、
久しぶりに見れそうな雰囲気になってきました。


14歳の宮原知子(大阪・関大中)が、
60.19点で3位と健闘しています。


村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は、
57.26点で5位と出遅れました。
フリーでの巻き返しが注目されます。


全日本フィギュア 2012 女子SP 結果

1位 鈴木明子  邦和スポーツランド  65.09
2位 浅田真央  中京大  62.81
3位 宮原知子  関大中・高スケート部  60.19
4位 西野友毬  明大  58.53
5位 村上佳菜子  中京大中京高  57.26
6位 本郷理華  愛知みずほ大瑞穂高  56.61
14位 庄司理紗  駒場学園高  50.45
18位 今井遙  大東文化大  47.30
23位 大庭雅  中京大中京高  42.23


全日本フィギュアフリーは、
12月23日午後3時15分から
札幌・真駒内セキスイハイムアリーナで行われます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。