So-net無料ブログ作成
検索選択

京都橘 サッカー 仙頭 小屋松 破壊力抜群の2トップ 動画 [スポーツ]

京都橘サッカー部の自慢の2トップ
仙頭啓矢(3年)と小屋松知哉(2年)は、
ともに怪我をおして決勝に出場します。

帝京長岡vs京都橘@三ツ沢 仙頭啓矢ゴール(1-0) 91st高校サッカー選手権



今年の高校サッカー選手権でここまで、
得点王争いで小屋松がトップ、
1点差で仙頭がつけています。


この二枚看板が、
京都橘の決勝進出の原動力になったのは、
間違いありません。


今大会ナンバー1といっても過言ではない、
堅守を誇る宮崎鵬翔と決勝を戦うには、
どうしても仙頭と小屋松は、
はずせないところでしょう。


準決勝の優勝候補の一角神奈川桐光学園戦でも、
二人の活躍が目立ちました。
前半42分に仙頭啓矢が先制ゴールを決め、
後半31分には小屋松知哉が追加点を挙げました。
さらに、同39分には伊藤大起がダメ押しとなるゴールを決め
桐光学園に3-0で勝利しました。


この試合では、1年生の中野克哉が2トップとからみ、
チャンスメーカーの役割を果たしました。


今の京都橘というチームは、
香川真司の所属するイングランドプレミアリーグ
マンチェスターユナイテッドと
チームカラーが似ていると思います。
ユナイテッドには、ルーニー、ファン・ベルシー、香川といった選手がおり、
攻撃に厚みがあるんですよね。
まさに、波状攻撃といった言葉がぴったりです。


京都橘には、仙頭、小屋松がいて、
このふたりに伊藤、中野などがからんで
チャンスをつくります。
さらに、他の選手も攻撃にからんでくるんですよね。
本当に、マンチェスターユナイテッドそっくりの
攻撃パターンだと思います。


仙頭、小屋松のけがの状態が心配なところですが、
決勝の鵬翔戦は、見ごたえのある試合になるのは、
間違いないでしょう。


京都橘も鵬翔も下馬評は、
あまり高くありませんでしたが、
ここまでの試合を観ると、
決勝に進出するにふさわしい実力校です。


ハイレベルな試合展開になるでしょうね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。