So-net無料ブログ作成
検索選択

渡辺大剛 当て逃げ 冒険家 交通事故死 [ニュース]

渡辺大剛さん(31)は、
当て逃げによる交通事故ではなかったようです。


12月26日午前10時ごろ、
ロシア極北ムルマンスク州カンダラクシャを
自転車で走行していた渡辺大剛さんに、
乗用車が追突し、
渡辺さんは死亡しました。


交通事故のあった現場は、
北極圏で、昼間も太陽が昇らない「極夜」の期間でした。


ロシア外務省当局は、
運転手からアルコールは検出されず
飲酒運転は否定しています。
暗闇で渡辺さんを確認できなかった
可能性があるという見解を示しています。


渡辺大剛さんは、現在、静岡県森町在住で、
2004年6月に日本人最年少の22歳で
世界7大陸最高峰を制覇した冒険家として
有名でした。


世界7大陸最高峰は、次の山々です。

アジア:エベレスト(8848m)
ヨーロッパ:エルブルス山(5642m)
北アメリカ:マッキンリー(6194m)
南アメリカ:アコンカグア(6959m)
アフリカ:キリマンジャロ(5895m)
オーストラリア:コジオスコ(2228m)
南極:ヴィンソン・マシフ(4892m)


ひとつの山に登頂するのでさえ難しいのに、
大変な偉業ですね。


今回も真冬に極寒の地を
自転車で走破するという
冒険に挑んでいたのですね。


交通事故死というのは、
渡辺さん本人にとっては、
無念だったでしょう。


渡辺さんのような方は、
少年少女に夢を与えてくれますよね。


日本は、本当におしい人を亡くしました。


渡辺大剛のご冥福をお祈りいたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。