So-net無料ブログ作成
検索選択

石井智紋 ボクシング 棄権理由 しずちゃん 優勝 [スポーツ]

石井智紋は、12月24日に、
山形市総合スポーツセンター行われた
アマチュアボクシングの全日本女子選手権での
南海キャンディーズのしずちゃんこと
山崎静代(よしもとクリエイティブエージェンシー)の
決勝の対戦相手でした。

しずちゃん.jpg

同級は、参加者が
石井智紋としずちゃんのふたりで、
即、決勝戦だったんですね。


この決勝戦で、
石井が棄権し、
しずちゃんが不戦勝で優勝しました。


ちなみに、石井は、
福山平成大のコーチです。


日本連盟が発表した石井が棄権した理由を説明します。


この決勝戦の集合時間が、1時間早まりました。
このことが、しずちゃんの陣営に伝わっていませんでした。
しずちゃんが集合時間に会場に現れなかったため、
石井は自分の不戦勝だと判断しました。
その後、しずちゃんが計量に呼ばれ、
なんとか試合に間に合います。
このことに石井は動揺し、
「気持ちが切れた」と棄権しました。


このいきさつをみると、
完全に日本連盟の不手際ですね。
集合時間が確定していないこと自体おかしいですね。
特別の理由があれば、話は別ですが。


スポーツ選手って、集中することに
相当のエネルギーを使うんですよね。
主催者側は、その辺を配慮した運営を
心がけるべきです。


石井選手のほうも、
スポーツ選手として、
いかなる状況にも対応できるような
コントロール力を身につけるべきですね。


世界で戦うためには、
ボクシングの技術だけでなく
精神力の強化が必要だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。